最近人気があるロートのコンタクト

最近はメガネよりもコンタクトレンズを装着する人が増えています。コンタクトレンズはメガネよりも視界が広く、美的センスとして素顔の方が好まれる傾向があるからと言われています。一方、コンタクトレンズ装着によるトラブルも増加していることは事実です。主な症状に、ドライアイやアレルギー、長時間装着による目の酷使からくる痛みや不快感が挙げられます。このような状態が続くと角膜に傷がつきやすくなり、未然に予防する必要があります。角膜を保護する成分で代表的なものにヒアルロン酸があります。処方薬が最も有効的ではありますが、病院へ行く時間がない場合は入手困難となります。現在、処方薬に代わる市販の目薬はありませんが、似たようなものはあります。ロート製薬のコンタクトレンズ用の目薬はヒアルロン酸配合のものがあります。ヒアルロン酸がレンズを包み込んで角膜を保護する役割をしているので、ドライアイの改善として効果があります。

目にもコンタクトにも優しいロートの目薬

処方薬の目薬と違って、市販の目薬には防腐剤が添加されている商品が多くあります。防腐剤は、角膜を傷つける他、体内に摂取すると嘔吐や下痢などといった症状が起こりやすくなると言われています。健康な目の状態での使用はほとんど影響がないようですが、ドライアイなど目が弱っている時は、防腐剤が敏感に反応することがあります。目だけでなく、コンタクトの表面加工にも傷をつけてしまうと言われています。防腐剤に合わせて配合される添加剤も同様のことが言えます。しかし、防腐剤を無添加にすると、使用期間が短くなり、使い切らないうちに捨てなければならなくなります。ロートの目薬には、防腐剤無添加の目薬があります。1本0.5mlの容量なので、使い切りが可能で、衛生面の問題もなくなります。1セット30本入りで提供しているので、安心して使うことができます。

幅広い年代に支持されるロートのコンタクトレンズ

ロートのソフトコンタクトレンズは、酸素の透過性の高さや、高含水素材により、従来のソフトレンズよりも装着感が一段とよくなったことから、最近人気が高まりつつあります。最近は眼鏡業界でも注目されている紫外線カット機能も備えた商品も出ており、メガネ以上のUV効果があると言われています。又、視力補正以外の目的でのカラーコンタクトも取り扱っており、ファッションとして楽しむ方向性も展開しています。コンタクトレンズ同様の機能を持った高品質な商品も話題になっています。一方、年齢とともに見え方が変わっていく世代にも支持が高い遠近両用のレンズは、これまでメガネによる見え方の不具合さを解消する定評があります。商品により、一日使い切りタイプのものや2週間毎に交換するタイプのものなどがあります。