おすすめのロートのコンタクトレンズ

ロート製薬がコンタクトレンズに関わる商品を初めて発売したのは1995年、すべてのコンタクトレンズに使用できるコンタクトレンズケア溶剤でした。種類の豊富なコンタクトレンズに対してどのコンタクトレンズにも使用できるということで当時から大ヒットし、その後も涙液型目薬などが発売されてきました。コンタクトレンズが発売されたのは1999年、ソフトタイプのコンタクトレンズを販売したことが始まりです。現在では近視、遠視、遠近両用、乱視、という屈折異常にも対応できるコンタクトや、視力補正という目的ではなく目をより魅力的に見せるためのカラーコンタクトレンズなども販売されています。コンタクトレンズは医療機器です。最近ではカラーコンタクトレンズなどを中心にディスカウントショップなどでも手軽に購入出来るようにはなりましたが、やはり品質や着け心地、そして信頼性からもロート製薬のコンタクトレンズはおすすめです。

ロート製薬から発売しているコンタクトレンズのこだわり

ロート製薬から発売されているコンタクトレンズは「目への優しさ」が意識された商品です。1996年に目薬を発売した後、コンタクトレンズや目のことを考えた処方開発に取り組んできたこともあり素材やデザインにもこだわりがあります。2014年から発売されているコンタクトレンズは「シリコーンハイドロゲル」と呼ばれる素材が使われており、酸素をたっぷりと通しながらより柔らかく、より涙に馴染みやすいという特徴があります。そのため、目への負担が少なくなるとともに、コンタクトレンズを使用する際に感じやすい不快感が軽減され快適に使用することが可能となるのです。他にも目の渇きを感じにくくするエッジデザインを採用したコンタクトや、紫外線をカットするためのUVプロテクト機能が搭載されているものもあります。

瞳をさらに魅力的にするロート製薬のカラーコンタクト

近年コンタクトレンズはただの視力補正としての役割だけではなく、特に女性にとってはメイクをするのと同じようにカラーコンタクトを使用する時代となりました。そんな時代の流れもあり、2017年にロート製薬からもカラーコンタクトが発売されています。それぞれの世代からの要望に応えるため、「攻めのナチュラル」というキャッチコピーと共に発売されたコンタクトレンズは華やかな見た目が特徴的です。3色の異なる色とパターンが組み合わされたデザインは、着けた際に目の輝きやうるおい感、そしてその表情を引き出すことができます。もちろん、「かわいい」だけではありません。カラーコンタクトレンズが普及されたと同時に、商品自体の品質や不適切な使用方法から目の健康問題が増えてきたことも事実です。ロート製薬のカラーコンタクトは、「かわいい」と同時にレンズの「高品質」にもこだわって作られていることもおすすめできる大きな理由です。